遺言書が2通あり、日付が先の遺言書に「これが最終の遺言であり、この遺言を撤回することはない」とあるが、日付が後の遺言書に「前回の遺言を撤回する」と書かれていた場合はどうなる?

まず、複数枚の遺言のうち、日付が後の遺言書で前の遺言を撤回することができるのかが問題となります。いったん有効に遺言が成立しても、効力発生までの間に遺言者の意思が変わることがあります。意思が変わったのに遺言の内容に拘束させるのは妥当ではありません。遺言の目的は遺言者の最終意思を実現することなので、遺言者はいつでも遺言を撤回できると考えるべきです。民法でも1022条で、遺言者はいつでも遺言の方式に従ってその遺言の全部または一部を撤回することができると規定しています。
次に、遺言が撤回できるとしても、「これが最終の遺言であり、この遺言を撤回することはない」という遺言は認められるのかが問題となります。この遺言は、遺言の撤回権を予め放棄していることになりますが、遺言撤回の自由を保障するために、遺言の撤回権は放棄できません。民法は1026条で遺言撤回権放棄の禁止を定めています。したがって複数枚の遺言のうち、後の遺言で前の遺言を撤回することができます。ちなみに、撤回の遺言をする場合以外に、前の遺言と抵触する遺言をしたとき、遺言をした後にそれと抵触する処分をしたとき、遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときにも、その抵触部分にちて遺言を撤回したものと扱われます。