相続人が誰もいない場合はどうなるのか?

相続人が誰もいないということは死亡した被相続人の相続人が誰もいない、
つまり配偶者、孫等を含む子、祖父母等を含む親、姪甥を含む兄弟姉妹、がいないという状況になります。
また、これらの相続人が死亡している場合以外のケースで、相続人皆が相続放棄をしてしまっている場合にも、結果相続人がいないという状況になります。
相続人が誰もいない場合、被相続人が遺言書を遺しいれば、遺言書に書いているように財産を処分します。
しかし、相続人が誰もいなくて遺言書も無い場合、また遺言書があったとしても詳細に書いてない、一部の財産についてしか書かれていない場合は、遺産は最終的に国のものになります。
ただし、何もしないでほうっておけば国のものになるというわけではなく、ちゃんとした手続きを行わなければなりません。
まず被相続人には相続人が誰もいないということを法的に成立させます。
そして、被相続人に借金がある場合はそれを精算し、
残った遺産が国のものということになります。
ただ、相続人以外に被相続人の身上看護をしていた人がいる場合は、国のものになる前に相続財産分与の請求の手続きを行えます。
裁判所が認めてくれれば分与を譲り受けることができます。