相続が開始する前に遺留分を放棄することはできるのか?

相続とは被相続人の死亡により、残された相続人が被相続人の財産を引き継ぐことです。
被相続人が、財産の全てを特定の相続人を相続させると遺言で残したとしても、対象の相続人は一定の財産を引き継ぐことが法律で保障されています。
この権利は全ての法定相続人に与えられているわけではなく、兄弟姉妹には与えられてはいないのです。 相続は、相続が開始から3か月以内にしなければ、単純承認をしたことになります。
法律で保障された財産を放棄したい場合は、相続開始前と相続開始後の放棄があります。 相続開始後の手続きは意思表示だけで、特に必要ありませんが、相続開始前ですと手続きが必要になります。
相続開始前に放棄をする場合は、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に[遺留分法規許可審判申立書]をして、家庭裁判所の許可を得なければならないことになっています。 申請が受理された後は、裁判所より連絡があり、指定日に出頭し、法律の意味や効果について本人が知っているのかどうかを確認する為に質問を受けることになります。その上での許可がおります。 これに似たものに相続の放棄がありますが、こちらは相続の開始前に行う事は出来ないことになっています。