相続分を放棄した場合と相続放棄をした場合の違いは何?

遺産相続が発生したものの遺産の受け取りを断りたいという場合は幾つかあるものです。 例えば亡くなった方(被相続人)に借金がある時等が典型的な例です。 いずれにせよ遺産を受け取りたくない時には相続の発生を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申立てを行います。 尚、ここで注意をしなくてはならないのは、単純承認とみなされてしまうような行動を取らないようにするという事です。 例を挙げると、被相続人の預貯金を引き出してしまった場合や遺産分割協議を行った場合等です。 これらはいずれも遺産の相続を受けるという黙示の意思表示と原則的にみなされてしまいます。 あくまでも原則なので、そういった場合でも放棄が認められるケースは多々あるので専門家に相談をしてみるのが良いでしょう。

「相続放棄」と似たような言葉で「相続分の放棄」という言葉もあります。 相続放棄とどう違うのかと言いますと、これはあくまでも法的な根拠のないただの意思表示を表しています。 法的根拠がない為、プラスとなる財産のみが放棄される扱いとなり、借金等のマイナス分の遺産を受け取らないと言う事は出来ません。 手続きも相続放棄のように家庭裁判所に申述書の提出を行う必要はなく、相続分を放棄する旨書かれた書類に印鑑証明を添えて実印を押せば良いだけです。