遺産分割において何か注意することは?

家族内で遺産相続が発生したとき、問題になりやすいのが不動産の遺産分割です。親御さんが住んでいた家をお子さんが引き継ぐのが、いちばん多いパターンなのですが、不動産は現金資産とちがって分割しにくいため、のちのち問題になりやすいのです。
もし資産価値2000万円の不動産があったとして、売れれば分割できますが、お子さんのうちだれか一人が住み続けるのであれば、かんたんに分割は出来ません。また、売ると決めたとして、必ず2000万円で売れるとも限りません。
いくつかの問題があるために、一時しのぎで、相続した不動産をお子さんたち全員の共同名義にするケースがあります。しかし、これは極力すすめられない方法です。共同名義にしてしまうと、さらに厄介な問題が発生しやすいのです。
名義人のひとりが、不動産を売りたいとなったら、ほかの名義人は土地を売る売らないにかかわらず、売りたい人の取り分を支払わなくてはならなくなります。また、名義人のだれかが亡くなって相続が発生すると、さらに大勢の相続人同士の間で話し合いが必要になってしまいます。
いろいろ事情はあったとしても、少なくとも不動産の名義人はひとりにしておくのが、遺産分割の際の注意点といえます。