日付が異なる遺言書が2つある場合はどうなるのか?

最近、終活として死後に自分の希望を伝えようという行動が増えています。 葬儀の方法、遺産の有無、誰にどの遺産を渡すかなど考えるわけです。

そんな終活のひとつですが、故人の遺志を伝えるというと一番有名なのは遺言書・遺言状ではないでしょうか。 名前は直筆であること、日付はきちんと明記しなければいけないことなど様々な制約がありますが、きちんとルールを守ってさえいれば、遺された家族がもめることなく相続を行える優れものです。

気軽に遺言状を書けるようになった弊害か、遺品を整理していたら複数の遺言状が出てきたなんてこともあるようです。 内容が全く同じであれば問題ありませんが、内容が違う場合どちらが有効となるかで話が全く変わってきてしまいます。

どちらもきちんと形式にのっとり、有効な遺言状であると仮定した場合、日付が直近の方が有効となります。 古い方は新しい方が書かれた時点で無効となるわけです。 しかしながら、新しい方が条件を満たしておらず無効となる場合はその限りではありません。

遺言状が身近な存在になり、故人の思いを伝える手段として浸透してくる一方で、きちんと処置していないと逆にトラブルの元となることもありえます。 きちんと注意して有効に利用したいところです。